FC2ブログ

光りが見えるところまで。。。

息子達に知らないうちに色んなものを背負わせて来てしまいました。 今まで見えなかったこと 聞こえなかった事を 感じられるようになることを願って・・・

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許されてないと感じたとき

父が亡くなったのは
突然の事でした。



ちょうど私が帰省しているときでした。



ちょっと体調の不良を訴えたのですが
たまたま妹はその日
近所の法事にでかけており
いつも側にいる妹が不在な事を
心細く思っていたようでした。



私がいても・・


病院に行って見る?
どうしたいかあれば言ってみて

そう問いかけても
外ばかり見ていて
妹の帰宅を待ちわびてました。


私の問いには答えることもなく・・・


そのうちに家に入る手前で
近所のおばさんと立ち話をしている妹の
声が聞こえました。



その方向を
父はただひたすら目で追ってました。

帰って来ることを待ちわびてました。





大事をとって
その日に入院することになりました。



容態が変わったのは
私が帰る前日でした。


意識のなくなった父に
妹と交代で付き添いをしようとなりました。


妹が
自宅から身の回りのものを取りに帰っている間
私が病室にいました。


何か話しかけても
ちょっと病室を動いても
苛立っている父を感じました。



父は私を許していない


そう感じました。。。



2人姉妹の長女で
本来なら私が後を継ぎ
両親の面倒をみて
名前も継承していかなければならなかったのに
その全てを捨てるような形で
嫁ぎました。


それを
父は許してはくれてなかった


そう感じました。




父が亡くなったのは

妹ではなく
私が付き添っているときでした。



あんなに頼りにしていた妹の時ではなく
なぜ
私のときだったんだと
不思議に思いました。
ましてや 帰る当日です。。


私はある意味
この時のために呼ばれて今回帰省したんだな・・
と感じました。



父が私を許していないと感じた話を
妹にしました。


そんなことないと思うよと
妹は言ってくれましたが


私は
それは仕方のないことだ思えます。


そう思う父を責められないと・・


だから
それに対して
父に恨みがましい気持ちは持ってません。
悲しいとか寂しいとか
そういう感情はありません。



お父さん
そう思うことは当然のことだと思うよ
勝手してしまった私は
何も謝る事もしなくて
ごめんなさい。
そういう私を
許してほしい。。


お父さんありがとう。。。


また会いたいよ。。。


スポンサーサイト

コメント

お父様の思い

こんばんわ♪

つゆちゃん、お父様に色んな思いがあったんですね。

今、自分の息子をみていて
たとえ親の考えに添わない子供であっても
子供を愛する心は 変わらないんじゃないか・・
そう感じます。

そして最後の時 お父様は つゆちゃんと過ごすことを選ばれた。。。。
それこそが お父様の本当の気持ちだったのかもしれない。。
そんな風に感じました。

オリーブランチへ

姉さん こんにちは 

姉さんのコメを読んで
思い出した・・

妹から前に言われたんだ・・

それなら
お姉ちゃんはO太郎達に対してそう思うの!?
って・・・

そうだな・・って
でもな・・って思ったの

私と過ごすことを選んでもらえたとしたら
その時もっと言葉をかければよかったなって
思う
だから
今ちょくちょく語りかけているんだ~

コメントありがとね。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibouhasutenai.blog16.fc2.com/tb.php/172-5a95d674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

つゆこ

Author:つゆこ
こんにちは。

長男 O太郎と
次男 P次郎
(2人とも成人してます)

主人・義母の家族構成です。

O太郎の事で悩んでいます。
率直なご意見等
色々伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (207)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。