FC2ブログ

光りが見えるところまで。。。

息子達に知らないうちに色んなものを背負わせて来てしまいました。 今まで見えなかったこと 聞こえなかった事を 感じられるようになることを願って・・・

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水俣病の展示を見て

O太郎の三者面談に行く途中に
水俣病の展覧会のポスターが
目に留まりました。



水俣病は私が生まれた数年前に
発症したもので
幼い頃から
よくテレビで目にしていたことと
私もあの場所で生まれていたら
どういう生活をしていたのだろう
などと
色んな思いを抱えながらその時代
様々な映像を見ていましたので
昔からとても気になっているものの一つでした。



その展示がされている場所が
比較的近い事もあって
見に行く事にしました。




壮絶なものでした。
記憶にあるもの
知らなかった事

写真で
文字で
映像で・・
その圧倒されるような情報の量に
言葉もなく
涙がでました。

その中で

水俣病を告発する会の発起人の方の
下記の文章が目に留まりました。



今敵は目の前にいる
それなのに考えるだけ 話すだけで
おしまいとする習性が身についてしまった私達は
ここでも話すだけ 考えるだけでおしまいにしようというのか
敵が目の前にいても戦わない者は
もともと戦うつもりなどなかった者である



なぜかこの文章にひきつけられ
メモをして来ました。


戦う という言葉は過激だけれど
敵 という言葉は厳しいものだけれど
私には
とても深い文章だと感じました。



これを読んでから
色んな想いが自分の中で
交錯しました。





敵=わたし かもしれない。。



目の前に苦しんでいる子供がいるのに
それを護ろうとしなかった私は
もともと護るつもりがなったのだ


ただ頭で考えて踏み出す事がなかった
踏み出せなかったのではなく
踏み出さなかったということ
理屈だけで考えて納得していた時間だった



そんな想いが
その文章を目にしてから
気持ちの中にやってきました。




O太郎とのやり取りの他に
父親である主人とのやり取りも
私には直面しなくてはならないものだけれど


そこをなるべく避けるように
できれば
時間稼ぎをして先延ばしをしたい


そういう想いがあったな
と感じました。



やらなきゃ・・・
向き合わなきゃ・・・


いつもシュミレーションしてしまう
返って来る言葉


問題なのは
その言葉でなく 一貫した私の覚悟・私の言葉が
そこにあるかどうか
そういうこと


そう教えられて
基本的なことは
相手が 誰 であっても
同じことなのだと改めて思いました。



自分の言葉がどう伝わるのか
どう受け留められるのか


それは不安です。

ある意味 怖い とも感じています。



それは
自分の中にある意味
Oを護る事に 後ろめたさ が
あるのかもしれません。


よく言われるのは

マザコンだ


という言葉。


そんなんだから
自立できないんだ と・・



そうかもしれない
だからなかなか抜け出せないんだって
どこかでそう想う自分がまだいるのかもしれない




でもね

自分の子を護る事に
何の後ろめたさを感じる必要があるのだろう

そう思いました。



そんな 後ろめたさは
必要ない




一番不安なのはO太郎本人。
この渦中に訳もわからず
投げ出されたO太郎


そうだ
自分と「戦わなくては」ならない。。





そういう私へのメッセージだったのかもしれない


あの文章を読んでから
しばらくして感じた事でした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibouhasutenai.blog16.fc2.com/tb.php/176-b27fbbd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

つゆこ

Author:つゆこ
こんにちは。

長男 O太郎と
次男 P次郎
(2人とも成人してます)

主人・義母の家族構成です。

O太郎の事で悩んでいます。
率直なご意見等
色々伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (207)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。