光りが見えるところまで。。。

息子達に知らないうちに色んなものを背負わせて来てしまいました。 今まで見えなかったこと 聞こえなかった事を 感じられるようになることを願って・・・

2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこしづつ

O太郎の三者面談に
行ってきました。


今回自分がどういう状態で行けるのか
それは
自分自身でもわからなく
落ち着きのない時間を過ごしてました。


何が自分を落着きなくさせているのか・・
それは何だったんだろう



終わってみて感じた事は


私のお得意の八方美人的行動でした。


以前から Oは模試(英語)を受けたくないと
訴えて来ていました。


予備校だから
それをスルーするわけにはいかないだろう
でも受けたくないことも事実なんだろう

さて
そのあたりをどうしたらいいだろう・・・




そこで私の目は
どこを向いたかと言うと
片方でO太郎を 片方で先生を見る
そういう思考になっていました。


どっちにもいい顔をしたい
お馴染みの手法です。



そこに自分の軸のブレがあること
だから
自分がどう動くか予想も出来なくて
怖さがあるんだと


わかりました。


私がいま守りたいものはなにか?
それこそが一番大事なこと。



その方向を見誤っていたようです。





前回の記事も
そういう自分を落着かせたい事
少しでもブレない自分でO太郎と向き合いたい事
正解 はないとしても
少しでも 自分を持って 臨みたい

そういう思いを忘れたくなくて
書き留めておきました。




当日初めてお会いする先生。
息子は先生には
ちょっとほころんだ顔を見せてました。


お母さん何か聞きたい事があれば何でも聞いてください。

そう言ってくださいましたので


離れて暮らしているので
どういう状態で過ごしているのかが
わかりません
できれば先生の方から
今お話し頂けることを教えてください とお願いしました。




先生からは

遅刻が多いのでそれを気をつけて欲しいこと
模試があるのでそれを受けたほうがいいこと
このところ絵が落着いて来ているので
このままで行ければいいと思っていること

その3点を挙げられました。


遅刻の件は本人の問題なので
それに対しては何もいう事はなかったので


模試の件にからめてお話しさせてもらいました。


私としては
予備校と言う性質上
合格まっしぐらってことはあるとは思いますが
ここで いい先生 いい大人にあって
授業の中で何かを感じて
そこから生きるきっかけ 歩くきっかけを
見つけられたら

そういう事もこの学校に期待している

模試の意義も理解しているが
受けられないことがおかしいのではなくて
今はまだ受けない 
けど 
時期が来たら受けるときも来るかもしれない

そういう姿勢で見て頂けたらありがたい とお話しました。




この私の発言は
先生にどう受けとられたか

不安ではありました。


もちろん
先生の立場上
模試は受けなくてもいいですよ
と言われるとは思っていませんでした。


変わったことを言う と思われたかもしれません。
何もわかってないな と感じられたかもしれません。


でもそれより気になったのが



息子がどう感じたのか でした。


ただ
それもわかりませんでした。





先生はその後
英語を勉強する必要性を
ご自分の経験を交えながら話してくださいました。


先生のおっしゃることは正論で
私も同じ意見ではありましたが
一緒に聞いている息子が
それをどう判断するか
それはもう私の入る場所ではないなと
先生のお話しを聞きながら感じました。



面談後

結局(模試)受けろってか と私に問いかけました。

あれだけ言われて受けなかったら
ナメていると思われるだろう と




そうかな
Oは先生をナメて考えてはいないんでしょ?
それなら
そう思わなくていいと思うよ


そう返しました。




翌日私が帰宅後も

模試はどうするんだ
英語はどうするんだ とメールが来ました。


私にその判断を委ねようとします。



だけど
それは息子が判断して決めなくてはならないこと


なるべく丁寧に
今O太郎がどうしたいか
どのあたりに気持ちがあるのか
を探りながら

 
色んな事が面倒で煩わしく感じるのは
当然のことで
そんなことばかりで過ぎていく毎日を
送らせてしまっていることを詫び


そして今判断すべきは
自分の気持ちがどうしたいかを
基準に決められればそれでいいんだと

それが伝わるように努めてみました。




どう感じたか
どう受け留めてくれたかはわかりません。


今の私の気持ちも
何だか心の中がからっぽのような
何も考えられないような
ナンとも変な気分で過ごしています。




ただ今回暴言を吐かれなかった事
そして
先生から 絵が落着いてきていると
言われた事は嬉しく思いました。



少しづつ
すこしづつです。。。


今回の事がどう繋がっていくのか
まったくわかりません




ただほんの少し

見る方向がちょっと変えられた



そういう気になっています。


これがブレていないのであれば



  その方向をこれからも見られるようにしていきたい








そう思いました。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibouhasutenai.blog16.fc2.com/tb.php/177-97155163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

つゆこ

Author:つゆこ
こんにちは。

長男 O太郎と
次男 P次郎
(2人とも成人してます)

主人・義母の家族構成です。

O太郎の事で悩んでいます。
率直なご意見等
色々伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (207)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。