FC2ブログ

光りが見えるところまで。。。

息子達に知らないうちに色んなものを背負わせて来てしまいました。 今まで見えなかったこと 聞こえなかった事を 感じられるようになることを願って・・・

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放っておかれている気持ち

O太郎からの最近のメールは

先生に放っておかれている
(自分に対して指導してくれない)

というもの


それが本当かどうかは
わかりません。


先生がそんなつもりはなくても
O太郎がそう受け留めてしまっているのかも
しれません。



その真偽は
私にははかれません



でも
その気持ちを受け留める事は
出来るように思えました。


先生が例え
本当にそういう対応だったとしても
それは仕方のないことなのかもしれません。


予備校という性質上
やる気が あるか? ないか? を
出席や授業態度で
推し量る事は当然かもしれません。



そして毎日を
その先生の判断に添うような状態では
過ごせないO太郎は
先生から見たら

ちょっと・・

と思われているかもしれません。



でも
今私は

放っておかれている

そう感じてしまうO太郎の気持ちのほうが
わかる気がします。


サボりたくてサボっているわけでもなく
本当は誰よりも熱中して描きたいかもしれない
朝だって早くに行って 取り組みたいかもしれない
ヘンな不安を抱えることなく
スッキリした気持ちで日々を過ごしたいことと思います。


先生が自分を放っておく
その理由を漠然とながらわかっているのかもしれない
そうならない為には
どうしたらいいのかも わかっているのかもしれない



でも


でもいまはそれが できない。。。
わかっていても できない。。。
そうしたくても できない。。。




だから

先生がたとえそんな態度じゃなかったとしても
そう感じてしまうO太郎の気持ちは
当然のものだと感じます。


辛いと
苦しいと思います。

そこに座っている事は
とても苦痛だと思います。

逃げ出したいんだと思います。
でも
逃げてもそれで楽になるわけではないことも
わかっているんだと思います。

毎日そんな想いと戦いながら
過ごしているんだと思います。

気持ちを奮い立たせようとしても
色んな想いが邪魔をしているんだと思います。

面白くないだろうし
やる気を削がれることもあるでしょう。



もっと楽に考えたい・・
と思っても

気持ちを縛られて来ていたから
それをどう解放していいのかだって
わからないんだと思います。



そういう事を織り交ぜて
返信していきました。


返信しながら思いました。


そう思うなら~してみたら?

そういう考えが殆ど出なかったことを・・・



今O太郎に必要な事は
そんなことではなくて


どんだけそこにいることが辛いか

それをわかってあげるほうが
もっともっと大事だって
そう感じたようには思えました。



ただ
私からのメールをO太郎がどう受け留めたか



それは相変らずわかりません。。




でもそれは仕方ない事。


もう少しこんな感じで行こうと思っています



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibouhasutenai.blog16.fc2.com/tb.php/184-c38c5edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

つゆこ

Author:つゆこ
こんにちは。

長男 O太郎と
次男 P次郎
(2人とも成人してます)

主人・義母の家族構成です。

O太郎の事で悩んでいます。
率直なご意見等
色々伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (207)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。