FC2ブログ

光りが見えるところまで。。。

息子達に知らないうちに色んなものを背負わせて来てしまいました。 今まで見えなかったこと 聞こえなかった事を 感じられるようになることを願って・・・

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒っていたO太郎



あの時確かにO太郎は怒っていた



それをはっきりと
思い出すのが
あの場面



2歳にもならないうちに
お兄ちゃんになった
O太郎


2人とも
里帰り出産が出来たので

じっとしていられない
O太郎を連れて
大きなお腹を抱えて
飛行機に乗って
里帰り


たのしかった。。



毎日一生懸命遊ぶO太郎

色んなことに興味があって
色んなことをやってみたくて
それを毎日堪能できる時間だった


私も
O太郎の側にいつもいて
一緒に遊べた


楽しかった



寂しいなんて感じは
あの時はまったくなくて
やんちゃなOを見ているのが
それを
可愛がってくれる両親・妹を
側に感じる事が
幸せだった




Pはなかなかお腹から出てこなくて
やっとその兆候があっても
まだ大丈夫 
なんてけっこう悠長にしていたんだけど


いきなり

もう行かないと!みたいな感じになってきて




父に抱っこされてテレビを見ているOに
何もいわないで病院に向った



入院している間に主人がやってきて
Oは久しぶりに会った父親に

多分寂しかったんだろうな
急に私はいなくなるし
それが何だかわからなくて
ストレスたまってたんだろうな

ずっと父親を引っかいていたと
見舞いに来てくれた母から聞いた



そして
退院の日
父母に連れられてやってきたOは
ちょっぴりおデブになっていた


父母の大変さが伝わった。


食欲旺盛なOに
スキなものを与える事で
寂しさを埋めたんだろうなって
そんな気がした。


そんなOは
病室にドンドンドンと入ってきて
ドサッって感じで座った


その間私の顔は全く見ないで
何もしゃべらなかった


話かけても答えなかった



あ~O太郎怒っている

きっと黙って出かけた私に
怒っているんだ

そう感じた



悪かったな

おチビでも
ちゃんと話しをして出てくるべきだったな

話してもわからないなんて
思わないで
言ってくればよかったな


黙ってこちらを見ない
でも
Pを眺めているO太郎をみながら
そう思った



Oが
私に怒っていると初めて感じたのは

OとPとの初対面の日でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibouhasutenai.blog16.fc2.com/tb.php/240-df0d9bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

つゆこ

Author:つゆこ
こんにちは。

長男 O太郎と
次男 P次郎
(2人とも成人してます)

主人・義母の家族構成です。

O太郎の事で悩んでいます。
率直なご意見等
色々伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (207)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。