光りが見えるところまで。。。

息子達に知らないうちに色んなものを背負わせて来てしまいました。 今まで見えなかったこと 聞こえなかった事を 感じられるようになることを願って・・・

2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪人


先日のセッションで
映画の話になりました。



記事にも書いた

「英国王のスピーチ」から

以前見たかった


「悪人」


という映画の話です。



それを見たいと思ったきっかけは
大好きな深津絵里ちゃんがでている事が
一番のポイントでした。

近くの映画館でやっていなかったので
まず本を買いました。


予告から気になっていた言葉が
本の帯にも書いてありました。

<誰が悪人なのか> 

        というものです。


そりゃ~
妻夫木くんでしょ~?? と
あらすじもたいして理解していない時点で
深津ちゃんと共演している
妻夫木くんを思い描きました。





本を読んでいるうちに
誰が 悪人 なのかわからなくなりました。


そこから
どうしても映画を見たくなり
息子の所に行ったときに
時間を見つけて映画館に走りましたが
終日満席という悲劇になり
結果まだ見ていません。。。



そして先日八日目の蝉を読みました。


近日ロードショーになりますが
これも
好きな永作博美さんが出るということと
インタビュー記事をみたことがきっかけでした。


不倫相手の子供を誘拐して
4年愛情をもって育てる
育てたその子は
その母親が誘拐犯だったということを
知ることになります。
産みの母・育ての母
その廻りの女性達
それぞれの想いが丁寧に書かれており
衝撃的な内容で一気に読めました。



読み終えて
誰が悪いんだろう・・
と思いました。


悪人とは言わないまでも
あの人が悪い
あの人は悪い人だ
あの人のせいでこうなってしまった・・・

そういったことを
今までよく判断して白黒つけてきたように思います。


だけど
それぞれの状況でとったその行動は
必ずしも悪いと決め付けるものではなく
自分の置かれている立場ではないところから
みれば
同じような判断を 行動をしたかもしれない

一概に
悪いだの いいだのと判断しようとするところに
私の枠の狭さがあるんだと
感じました。



自分の考え方で決めてしまい
そのレッテルを貼り
そしてそこに自分を落ち着けてしまう
相手をおとしめる事で
自分を正当化して後はなかったことにしてしまう


そういうことをして来たんだと
改めて思い起こされます。




悪い人 って本当はいないんだと思うよ


そう言われた言葉に
スグに素直に反応できた自分の気持ちを感じました。




そのインタビューで

蝉は長い事土の中で過ごし
やっと成虫になっても7日目で死んでしまうそうで

もし七日目で死ぬと決まっている蝉が
八日目も生きているとしたら
それは悲しいことか?という問いに

八日目の蝉は他の蝉には見られなかったものを
見られるのだから
見たくないって思うかもしれないけど
でも ぎゅっと目を閉じていなくてはならないほど
ひどいものばかりではないと思う


そうかかれているのを見て

今の自分の状況に重なりました。


色々見たくなかったもの
感じたくなかったものを
探る作業をしている日々は
ギュッと目を閉じていたいけど
見ないようにしていたいこともあるけれど
それを越えてこそ
見ることができるものがあるって
本当に目を開けてみることが出来た
その景色はきっとステキなものなんだ


自分の中でそんな風に翻訳してみました。



「悪人」も「八日目の蝉」も見たいと思ってます。 ^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kibouhasutenai.blog16.fc2.com/tb.php/260-3326873c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

つゆこ

Author:つゆこ
こんにちは。

長男 O太郎と
次男 P次郎
(2人とも成人してます)

主人・義母の家族構成です。

O太郎の事で悩んでいます。
率直なご意見等
色々伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

☆.:*【参加コミュニティ】.:*☆
「あなたの心をまもりたい」
↑↑閲覧専用↑↑

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (207)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。